会社案内

こだわりの自然素材

1% FOR THE PLANET #1535

無添加リフォームとは?

無添加リフォームとは、主として内装に「無垢材」「珪藻土」「にかわ」など、厳選した 自然素材 を多用し、専門の研修及び教育を受け「認定パートナーサプライヤー」と認められた、高い知識と技術を有する職人と、NPO Eco Reform推進協議会の「エコリフォームマスター」資格を保有する、自然素材の特性を知り尽くした施工監理者のエキスパートチームで、万全な施工を行います。厳選された自然素材が持つ様々な機能と特性を、適材適所で効果的に発揮させることにより、おいしい空気で癒される快適で健康な空間を創る、自然派デザインリフォームのスペックブランドです。

厳しい審査基準

シックハウス対策・改正建築基準法よりも厳しい審査基準を設け、NPOエコリフォーム推進協議会が推奨する建材 を採用しています。 内装には天然無垢材や EM珪藻土 などを採用し、クロスを使用する際は、セルロース繊維を原材料とした木絹壁紙などを使い、塩化ビニルクロスは100%使用しません。にかわ接着剤、天然い草畳、自然素材100%塗料ほか、断熱材には新聞紙を原材料にしたセルロースファイバー、 構造部分 には一般的なホワイトウッド、ベイツガは使用せず、土台にはヒノキの赤身材を採用しています。

無添加リフォーム公式サイト

>> http://www.mutennka.com/

※「無添加リフォーム おいしい空気癒し計画(R)」はブランド名であり、
健康・環境への影響を標榜するものではありません

OKUTAの自然素材

OKUTAが行う「無添加リフォーム」は人と環境に配慮したリフォーム

住宅で使用されている多くの建材は「新建材」と呼ばれ、接着剤で固められた合成建材です。
集成材の柱や合板のフローリング、グラスウールの断熱材、塩化ビニルクロスなど、構造材から下地材、内装材にいたるまで多岐にわたります。中には人体や環境に悪影響を及ぼすと考えられる有害化学物質が含まれているものも多くあり、シックハウス症候群の原因のひとつと考えられ、さらに呼吸をしない内装材はカビやダニの発生原因にもなります。自然素材リフォームのなかでも、「無添加リフォーム」では、下地材や断熱材、接着剤などの見えない箇所にも厳選された建材を使用しています。

天然無垢材

天然無垢材イメージ

森にいくと落ち着くのはなぜでしょう。木に囲まれて生活するとなぜか心も和みます。一般的な接着剤で固められた合板フローリングと違い、呼吸をする本物の無垢材は、調湿効果があり、床面を一定の湿度で保ってくれます。コンクリートの約10倍の断熱性があり、夏涼しく、冬暖かい環境となり冬でも素足が気持ちよいです。また、木材はマイナスイオンを発生し、リラックス効果があると言われています。天然の無垢材は、生きていますから常に呼吸をしています。施工後に ちょっとした隙間や反りが起こることがありますが最初から認識しておきましょう。

無垢ヒノキの下地材

無垢ヒノキの下地材イメージ

合板フローリングや無垢フローリングを施工する際に、下地材として合板が多く扱われています。単に価格や施工性を求めて採用されるケースが現在の建築業界 です。当社は無垢フローリングを施工する際は、根太に直接貼るか、間伐材や端材などを利用した「無垢ヒノキの下地材」を採用し、森林資源の有効利用に貢献 します。左記の写真に写っている横の細い棒は竹ヒゴで、それでヒノキ材を繋いでいます。接着剤などの化学物質を一切使用していないため、人体には無害で す。また、木と竹の100%天然素材であるのでリサイクルが容易であり、廃棄時にも有害物質を発生しません。

構造材にホワイトウッド、ベイツガは使いません

ホワイトウッドイメージ

OKUTAは、土台にヒノキの赤身材を使用します。土台は、国産桧の赤身材が最高と昔からいわれています。腐りにくく、防蟻処理(有毒剤)をせずとも、白蟻が入りません。OKUTAでは、含水率17%以下の桧の赤身を使用します。含水率17%を超えると木材を腐らせる腐朽菌(ふきゅうきん)が繁殖する可能性があり危険です。なぜ、OKUTAはヒノキの赤身材を使うのか?ヒノキの良さを大公開します。

ニカワ接着剤

ニカワ接着剤イメージ

一般的に建築用接着剤として広く取り扱われている木工用ボンド(白ボンド)。ホルムアルデヒドが含まれているが、「キャッチャー剤」によって吸着させてい る為、揮発しない仕組みだ。ただし、キャッチャー剤が有効なのは3年程度であるため、3年を超えるとホルムアルデヒドが揮発する。
当社の採用している「膠(にかわ)接着剤」 は、100%自然素材で人体への影響もない。膠(にかわ)を使って建てられた1200年前の建造物が当時と変わることなく現代に在るのは、その強度の証明 とも言える。実際に強度テストの結果では、木工用ボンド(白ボンド)よりも「膠(にかわ)接着剤」のほうが強度が高いことも検証済みですが、先人たちの知 恵には驚くばかりです。

自然素材の塗料

自然素材の塗料イメージ

天然100%自然塗料(国産)、木酢液、柿渋液、ヒバ油など、天然素材の本来の効果を活かして、使っています。天然素材なので、美観も落ち着いた色を醸し出しますし、無垢材などの性質をそのまま活かせます。無塗装の無垢材に子どもが舐めても安心な自然塗料、木が呼吸でき年とともに素敵な色や艶を出す。当社の自然塗料は、溶剤にホワイトリカーなどや石油製品は含まれていません。石油=天然ということで、自然製品として取り扱っている有名なメーカーもございますのでご注意下さい。

自然素材:断熱材セルロースファイバー

断熱材セルロースファイバーイメージ

OKUTAでは、地球にやさしい断熱工法として、セルロースファイバー・デコスドライ(DECOS DRY)工法を採用しています。セルロースファイバーは、安全基準に厳しい米国でシェアNO.1の断熱材。セルロースの多孔性と高密度充填(グラスウールの約4倍)の施工。防火性・防虫・防音性・調湿性が優れています。また、グラスウールのように結露が発生せず、壁内部の腐食を防ぎます。冬暖かく、夏涼しい快適な空間を実現し、家の中の温度差も少ないので高齢者にもやさしい温度のバリアフリーも実現します。デコスドライ工法は、次世代省エネ基準に適合し、次世代基準に適合した住宅については一戸あたり250万円の割増融資が受けられます。

セルロース繊維の木絹壁紙

セルロース繊維の木絹壁紙イメージ

セルロース繊維で織った天然の壁紙です。吸放湿性に優れた天然素材が、四季を通じて快適さ、ホルムアルデヒドなども効果的に吸着し、健康的な室内を保ちます。一般の9割以上の方が安いということや汚れにくいということだけで、塩化ビニルクロス等を選ばれますがまた、木絹壁紙は上から自然塗料で塗装もできるので、張り替える必要もありませんし、ちょっとした傷や破れも残った壁紙を貼るだけで補修が出来ます。

和紙の壁紙

和紙の壁紙イメージ

和紙は世界の手づくりの紙の中で、最も薄く強靭で、風合いが美しい紙であると言われています。歴史的にも和紙は日本の家の中で使われていました。夏涼しく、冬暖かい。湿度の高い日本に非常に適し、天然の素材ですので有害物質を含んでいません。また、表情豊かな和紙は、年月をかさねて風合いもでます。汚れたり破れたりしたら、その上から張り重ねればよいので、メンテナンスも容易です

珪藻土

珪藻土イメージ

珪藻土とは植物性プランクトン(藻)が化石化したもので、調湿や脱臭効果などに優れた呼吸する自然素材です。優れた調湿性・吸水性によって壁内外の結露を防ぎ、アトピーや喘息の原因であるカビやダニの発生を抑制し、タバコやペットの臭いなど家の中の生活臭や有害成分を吸着・脱臭する働きをします。昔から火に強い土として、七輪、コンロ、耐火断熱レンガの原料としても使用されてきました。当社では、リフォームスタジオやイベント時にお客様ご自身で塗壁材を塗ることができる体験会も開催しているので、ぜひ、土に触れてみてください。オクタでは、珪藻土の補修キットも販売していますので、万が一、補修が必要になった際は、お気軽にご相談ください。※写真は珪藻土の原石
EM珪藻土に関する詳細はこちらへ

アッシュライト(火山灰)

アッシュライト(火山灰)イメージ

アッシュライトは、今から数万年から数千年前の火山活動によって放出された火山噴出物が堆積したガラス質のものを主原料とした、環境にやさしい仕上げ材です。強い吸着力でアンモニア・ホルムアルデヒド・たばこのヤニ・ペット臭等を吸着・分解します。また、光触媒機能と火山灰が持つ高い抗菌効果により、大腸菌・微生物・細菌(インフルエンザ等)等を除菌し、 その増殖を抑え、カビ等の発生を抑制します。

漆喰

漆喰イメージ

日本建築で漆喰は古来より土とともに最も一般的に使用されてきた左官材料です。調湿効果があり、カビがつきにくいという性質もあります。押入れの壁などに使われるのはこのためです。四季のある日本に非常に合った建材なのです。防火性、遮音性や遮光性にも優れています。なんと、5000年前のエジプトのピラミッドの壁や古代ギリシャの神殿にも使われていました。

梁イメージ

集成梁は、使用しません。ホルムアルデヒドの出る集成材を使わないから、健康で安全です。接着剤で貼り合わせた集成材と違い、天然の無垢材は自然の調湿機能や抗菌・殺菌作用を持ち、結露の発生を防ぎ、アトピーなどの原因となるダニや細菌の繁殖を抑えます。また、シックハウス症候群の原因で影響が一番大きいと言われているホルムアルデヒド発生の心配も一切ありません。

桐の押入れ

桐の押入れイメージ

桐のタンスは昔から防湿・防虫・消臭効果・耐火性が高く、湿気の多い日本の気候に適したものとして好まれています。桐仕上げの押入は、桐のタンスと同じ性能があり、また、炭がさらなる調湿・消臭を手助けします。非常に成長の早い木で、伐採したあとも他の木とは違い、いち早く地球を緑で潤してくれる地球にやさしい資源でもあります。

天然い草の畳

天然い草の畳イメージ

いぐさ、畳は、空気浄化機能、保温・断熱性能、調湿性能を持っており、シックハウスの原因と言われているアセトアルデヒドやホルムアルデヒドを吸着する効果も注目されています。また、適度な弾力性があり、転んでも衝撃が少なく安心です。また、床に畳を敷くことで防音効果もあります。

サイザル麻

サイザル麻イメージ

サイザル麻は、中南米原産のヒガンバナ科の多年生植物。サイザルの繊維は、柔軟性、弾力性に優れる。床材としては、吸放湿性、断熱性にすぐれ、夏涼しく、冬暖かい、踏み心地も気持ちよい。この素材は静電気を生じない為、ほこりもつきにくく歩行音を吸収する防音性もある。ウール混のサイザル麻カーペットはマンションのリビングなどにも向いています。