Change to the 太陽光

グリーンパンダの太陽光日記vol.3 太陽くんはスゴイ!!
テーマは低炭素社会へ みんなで力をあわせて
従来型のエネルギー
日本の電力のエネルギー源は、石油代替エネルギーとして、石炭火力、石油火力、天然ガス火力、原子力などが主な割合を占めており、資源に乏しい日本は依然としてその大半を輸入に頼っている。
原子力は安全性に課題が残っているほか、水力もダムなどの大規模なものは環境的な視点から反対も多い。風力、太陽光などは普及段階にある。

※出典:IEA ENERGY BALANCES OF OECD COUNTRIES(2001-2002)、
「世界の統計2004」ほか

グリーンエネルギー(自然エネルギー)の活用
温室効果ガスの排出を抑え、自然と人間が共存していけるような”低炭素社会”をめざし、環境負荷の少ないグリーンエネルギー(自然エネルギー)を使っていこう。そして、グリーンな電力を作っていこう。

>>キッズむけサイト「おしえて!新エネルギー」(出展元:NED)

今こそ太陽光!

無限にある太陽の光で電気作る「太陽光発電システム」は、今やいくつかの「グリーンエネルギー」の中でも期待度№1。
地球に降り注いでいる太陽の「光」のエネルギーは、膨大で、1平方メートルあたり1キロワットといわれている。
これらの太陽エネルギーをすべて電気に変換できたら、たった1時間の日射量で、全人類が1年間で消費する電力量に相当するんだって!

今こそ太陽光!